「翻訳実務検定 TQE」は、実務レベルの翻訳力を認定する資格試験です。

試験科目一覧

機械

…原動機・自動車・電車・工作機械・産業建設機械、精密機器、光学機器・弁・油圧、コンベア・搬送・運搬装置、
ろ過装置、ポンプ、タンク、ボイラー、産業用ロボット等

過去の試験問題

■ Introduction

Today's turbomachinery components have extensive testing requirements and therefore there is a need to provide enhanced testing capabilities (Kosmatka et al., 1992, 1993). Rotating components are expected to be used at very high rotational speeds, have extended life, and have better static and dynamic properties. The Dynamic Spin Rig (DSR) (see Figure 1) is used to perform research on turbomachinery blades and components under spinning conditions by rotating them in a vacuum chamber (Brown et al., 1984). During rotation the rotor is vibrated by using two voice-coil type linear electromagnetic shakers that apply axial forces to the rotor. Dynamics measurements are obtained yielding the blade.s natural frequencies and damping.  Johnson et al. (1997, 1998) replaced the bottom radial ball bearing of the DSR with a radial active magnetic bearing thereby providing magnetic suspension as well as magnetic excitation. It was proven that the magnetic bearing excited some blade modes to larger amplitudes and increased flexibility in excitation orientation (direction and phasing). This unique system that enables the magnetic bearing to act as a shaker provided an excitation force at critical blade modes to successfully complete various US engine company, NASA GRC (Duffy et al., 2000, 2002), and University of California turbine and/or fan blade damping tests.

「The NASA Glenn Research Center Technical Report Server」
http://gltrs.grc.nasa.gov/reports/2003/TM-2003-212295.pdfより引用

過去の試験問題

■ 2.3.2 サービスロボットのためのリスクアセスメント

サービスロボットの安全設計はリスクアセスメントから始まる。
一般の機械設備と同様に、リスクアセスメントの実施手順は,
a. 使用環境(条件)の整備,
b. 危険源の同定,
c. リスクの見積もり,
d. リスクの評価,
と規定されており,本来,独立したリスクアセッサによって実行されるものである。
特に,対象機械とその仕事に対する危険源を抽出,同定する作業の確度と緻密さが,以降の危険度レベル,安全防護手段の選定に影響するため,危険源の同定は安全設計の要とも言える極めて重要な作業である。リスク分析については,様々な手法が提案されているが,基本的には人間が危険源から被る(と予測される)危害の酷さとその危害の発生確率の組み合わせによってリスクの大きさは表現される。そして,危害の発生確率は,人間が危険源に暴露される頻度(あるいは時間),危険事象の発生確率,人間が危険事象から回避できる可能性の3つの要素の関数となる。

2.3.3 リスクアセスメントに基づくリスク低減
リスク評価の結果,危険度レベルが決定すると,それに対応する安全性能を持つ安全防護手段が選定されねばならない。安全性能カテゴリーは,高カテゴリー(高安全性能)であるほど故障に対する安全機能確保の確実性が要求される。すなわち,対象ロボットに装備される安全防護手段の安全性能が高いほど,危険状態から危険事象への遷移を阻止することが可能となり,結果として危険事象の発生確率は低下することになる。なお,危険度レベルと安全性能カテゴリーとの対応は,最高危険度レベル以外は安全防護装置の技術的内容によって選択の幅を持たせている。

経済産業省
「次世代ロボット安全性確保ガイドライン検討委員会」第1回資料5-1」
http://www.meti.go.jp/policy/robotto/saftygl/gl1_5-1.pdfより引用

topに戻る

ページトップ