「翻訳実務検定 TQE」は、実務レベルの翻訳力を認定する資格試験です。

試験科目一覧

原子力

…原子力エネルギー・加速器・放射線・原子炉、核燃料、圧力容器、高速増殖炉等

過去の試験問題

■ SUSTAINABILITY

Sustainability is the ability to meet the needs of present generations while enhancing and not jeopardizing the ability of future generations to meet society's needs indefinitely into the future.There is a growing desire in society for the production of energy in accordance with sustainable development. Existing and future nuclear power plants meet current and increasingly stringent requirements for clean air and avoid the emission of greenhouse gases, since their energy is produced without combustion processes. Sustainability requires the conservation of resources, protection of the environment, preservation of the ability of future generations to meet their own needs, and the avoidance of placing unjustified burdens upon them. The three sustainability goals encompass the interrelated needs of effective fuel utilization, waste management, and proliferation resistance.

Sustainability–1. Generation IV nuclear energy systems including fuel cycles will provide sustainable energy generation that meets clean air objectives and promotes long-term availability of systems and effective fuel utilization for worldwide energy production.

「TECHNOLOGY GOALS FOR GENERATION IV
NUCLEAR ENERGY SYSTEMS」
(http://gif.inel.gov/roadmapより引用)

過去の試験問題

■ [5] 軽水炉の核燃料リサイクル

軽水炉燃料は照射安定性のよい酸化ウラン燃料体の特性と、燃料棒設計の改善および被覆材の信頼性向上により、20,000~30,000 MWd/tUという高い燃焼度まで照射されるようになってきた。この高い燃焼度には炉内で転換されたプルトニウムの寄与が大きく効いており、図1・5に示されるように燃焼の終期にはプルトニウムの核分裂の割合の方が大きいほどである。

この使用済み燃料を再処理すると、回収ウランの中の235U含有量は天然ウランとあまり変わらないほどに減損している。また、少量ではあるが236Uも含まれており、再濃縮と再度の利用には、後に解説されるようにそれに対する考慮が必要ではあるが、基本的にはその利用によって取替燃料の製作に必要な天然ウランを20%近く節約できる。

またこの燃料から再処理で回収されるプルトニウムは燃料[t]当たり数kgと多くなっているが、高次同位体組成も大きい。

プルトニウムは炉内で生まれるとその場で燃焼に寄与していたのであるから、回収プルトニウムに天然ウランまたは回収ウランを混合して、リサイクル使用することによって取替燃料に必要な天然ウランの十数%の節約が可能である。

「新版 原子力ハンドブック」(オーム社)より引用

topに戻る

ページトップ