「翻訳実務検定 TQE」は、実務レベルの翻訳力を認定する資格試験です。

試験科目一覧

時事・新聞

過去の試験問題

■ Aim of Obama Health Speech: Reigniting a Presidency

On one level, President Obama’s address to a joint session of Congress on Wednesday night was what it seemed: an attempt to corral lawmakers into approving the signature initiative of his presidency, the health care overhaul that has eluded Washington, as Mr. Obama said, for 65 years.

But the speech was about more than health care.

It was an attempt by this still new president to display his authority to a Congress that had begun to question his fortitude, to show that he was as strong a political leader as he was a political candidate and to show that he was not — to use the shorthand of the day — another Jimmy Carter: professorial, aloof, a micromanager who perhaps was not ready to be the nation’s chief executive.

It is one thing to create and surf a political movement, as Mr. Obama did in capturing the White House. It is quite another to lead an uneasy country and a politically divided Congress toward tough decisions that create winners and losers.

(http://contracts.onecle.com/garage/microsoft-sponsor-1999-01-19.shtmlより引用)

過去の試験問題

■ 「きぼう」から未来へ 有人宇宙開発の道のり

異端児扱いの計画

米と次第に「対等な関係」に

人類初の月面着陸から40年の7月、国際宇宙ステーション(ISS)の日本実験棟「きぼう」が完成した。日本の宇宙開発にとって「大きな一歩」だ。
「子供の成長を見届けたような心境。多くの人の熱意と努力が、ようやく実を結んだ」
宇宙航空研究開発機構(JAXA)の前身の宇宙開発事業団元理事で、きぼう計画を立ち上げた斎藤勝利さん(65)は感慨をこう語る。

1982年、米スペースシャトルでの宇宙実験の立案などを担当していた斎藤さんは、米国の宇宙基地計画への参加に向けた検討を命じられた。

「とりあえず何かやれ」

新人の部下と2人で情報収集や資料作成を始めたが、当時の日本は、純国産の基幹ロケット開発にようやく乗り出す段階。研究者や産業界の代表らと検討を重ね、手探りで日本実験棟の原型をまとめた。他国の施設にはない船内・船外実験施設や保管室、ロボットアームなどの 基本構成は、研究者や産業界の“きぼう”を取り入れた結果だ。

開発費を試算すると、本体だけで事業団の年間予算の2倍に相当する2千億円規模。「ほとんど無理だと思っていた」

(MSN産経ニュース -ニュース:科学 より引用)

topに戻る

ページトップ