「翻訳実務検定 TQE」は、実務レベルの翻訳力を認定する資格試験です。

試験科目一覧

特許明細書(電気)

…原子力エネルギー・加速器・放射線・原子炉、核燃料、圧力容器、高速増殖炉等

過去の試験問題

What is claimed is:
1.A memory device comprising:
a substrate;
a first insulator formed over said substrate, said first insulator having
a hole therethrough, said first insulator having a top surfaceremote from said substrate;
a first electrode conforming at least partially to said hole;
a second electrode;
a phase-change material in electrical communication with said first electrode and said second electrode;
wherein said first electrode and said phase-change material undergo no chemical or electrochemical reaction when current passes between said first electrode and said second electrode.

(USP20090225588より引用)

過去の試験問題

【請求項1】
電力系統に連系点を介して接続されている自然エネルギー発電システムに併設されて、前記自然エネルギー発電システムによって発電された電力の充放電を行う電力貯蔵装置と、前記自然エネルギー発電システムの発電有効電力の値を計測し、前記発電有効電力と前記電力貯蔵装置による充放電との和による合成出力の単位時間における変化速度が所定範囲内になるように平滑化フィルタ処理を行って合成出力目標を決定するとともに、前記合成出力目標と前記自然エネルギー発電システムによる現在の発電有効電力の値との偏差を充放電指令値として前記電力貯蔵装置に出力する安定化制御装置と、前記電力系統が接続された変電所と前記連系点との間に設置され、当該設置箇所を通過する通過有効電力を計測し、前記通過有効電力の変化量が所定量を超えた状態が所定時間以上継続した場合に、変圧器の変圧比を1タップ分変更させるステップ式自動電圧調整器とを備え、前記合成出力の変化速度の規定範囲の最大値と、前記ステップ式自動電圧調整器の動作感度であるタップ動作のための前記通過有効電力に対して設定した前記所定量と前記所定時間との比の値とを、同一の値にすることによって、前記電力貯蔵装置の充放電と前記ステップ式自動電圧調整器のタップ制御とを協調させ、前記合成出力の変化速度を前記規定範囲内に収めるように制御することを特徴とする自然エネルギー発電向け電圧変動抑制装置。

(特許公開2009-065820より引用)

topに戻る

ページトップ