「翻訳実務検定 TQE」は、実務レベルの翻訳力を認定する資格試験です。

試験科目一覧

特許明細書(IT)

過去の試験問題

■ What is claimed is:

1. A method operative in a content delivery network (CDN) wherein participating content providers identify content to be served from a set of CDN content servers in response to requests that are resolved through a request routing mechanism, comprising:
associating a content provider domain with a domain of an origin server at which the content provider hosts a default markup language file;
associating, during resolution, the content provider domain with a CDNSP-specific domain;
responsive to an end-user request directed to the content provider domain, using the CDNSP-specific domain to cue the request routing mechanism to identify a CDN content server;
determining whether a given version of the default markup language file exists on the identified CDN content server; and if the given version of the default markup language file exists on the identified CDN content server, serving the default markup language file to the requesting end user; and if the given version of the default markup language file does not exist on the identified CDN content server, directing a request for the default markup language file to the origin server, receiving the requested default markup language file at the identified CDN content server, building an index for the default markup language file that includes information about the origin server, caching the requested default markup language file at the identified CDN content server for selectively serving the default markup language file to the requesting end-user using the index, and logging data about the requested default markup language file served to the requesting end-user.
respective layer increases from regions thereof remote from said third layer to regions thereof proximate the third layer.

(US6,996,616より引用)

過去の試験問題

■ 【特許請求の範囲】

【請求項1】
処理を分担する処理モジュールを複数組み合わせて行われる処理に発生する障害を検出する障害検出プログラムであって、実行される処理モジュールについて各処理モジュールに固有な数値を加算した期待値を予め算出する期待値算出手順と、実際に実行された処理モジュールが処理中に前記固有な数値を加算して算出した実行値と前記期待値算出手順により算出された期待値とを比較して障害が発生したか否かを判定する障害判定手順と、をコンピュータに実行させることを特徴とする障害検出プログラム。
【請求項2】
前記固有な数値は、2進数で表現した場合に1であるビットが一つであり、該1であるビットの位置に基づいて処理モジュールの識別を可能とする数であることを特徴とする請求項1に記載の障害検出プログラム。
【請求項3】
前記処理モジュールを複数組み合わせて行われる処理は、周期的に行われる処理であり、前記障害判定手順は、前記周期的に行われる処理が開始される前に、前記期待値算出手順により算出された期待値と前回の周期で算出された実行値とを比較して障害が発生したか否かを判定することを特徴とする請求項1または2に記載の障害検出プログラム。

(特許公開2006-251852より引用)

topに戻る

ページトップ